人気ブログランキング |
■834■   4月30日

タイはコロナ第3波 深刻な状態が続いています_d0147083_13552016.jpeg

この黄色い花は「ラチャプルック」という名前で、タイの国花です。4月の一年で一番暑い時期に満開になります。国を代表する花である関係で、公共施設にたくさん植えられています。この花が咲きだすと、暑い季節がはじまるぞという合図でもあるように、気温はグングンと上昇します。そしてタイ正月ソンクランが訪れます。


ソンクランはたくさんの人が集まり、終日水を盛大に掛け合う水かけ祭りでも有名です。例年チェンマイの旧市街を取り巻くお堀の周りは、大渋滞を起こすのが常ですが、ここ2年はコロナ騒ぎで、水かけ祭りは禁止令がでて、中止になりました。でも、人が集まるスーパーマケットの玄関には、小さな水かけ寺堂が設らえられており、人々は静かに仏像に水をかけています。日本の「甘茶祭り」にそっくりの光景です。


第3波の感染拡大が始まったタイは、そのスピードが以前と違う様相を見せており、深刻です。バンコクのトンロー地区のナイトクラブ2軒で発生したクラスターが、たちまち全国に拡散、勢いが止まりません。チェンマイ大学生に感染者が急増、クラスター状態になりましした。一時期、濃厚接触者が1000人を超える疑いがあり、町のあちこちに検査所が設営され、早朝からPCR検査のため若者が並んでいる光景に出くわしました。


タイ全土で423日には、コロナウイルス感染者が過去最多の2070人になりました。累計感染者5万2183人に達しました。都県別では。バンコク740人、北部チェンマイ237人、東部チョンブリ125人です。今まで、どちらかといえば感染者が少なかったチェンマイは、今回急に感染者数が増えています。バンコク880万人、チェンマイ全県170万人、チョンブリ170万人という人口構成からすると、チェンマイの現状は異常です。僕が毎朝散歩する公園も、428日朝から閉鎖されました。早朝の散歩常連者にコロナ感染者が出たための処置だそうです。


バンコクでは公園、映画館、マッサージ店などが閉鎖されました。公共の場所ではマスク着用が義務化され、違反すれば最高2万バーツの罰金が課せられます。プラユット首相がマスク着用義務違反で、罰金を課せられたようです。51日からは感染厳重管理地区を指定し、二十人以上の集まりを禁止する、飲食店の営業が禁止になりました。持ち帰りのみ午後9時まで、店内営業は禁止、規制が一段と厳格になりました。最高厳重管理地区には、バンコク、チェンマイなどが含まれます、一説によると、10月にコロナ禍収束を目指し、あらゆる規制を実施するようです。


タイ政府がこれまで調達した新型コロナワクチンは、中国・化興控服生物技研(シノヴァク)製200万回分、英アストロセネカ製11万7000回分で、228日からシノバック、316日にストラセネカのワクチン接種を開始した。421日までにワクチン接種を受けた人は86万4804人で、766617人が1回の、118273人が2回の接種を受けました。さらにロシア製新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の購入についてロシア政府と合意したと発表しました。


二重変異ウイルスが蔓延し出したインドからの入国禁止を発表しました。タイ政府はできることが限られておりますので、あらゆる規制を発動して、コロナ禍の早期収束を目指しており対策が非常に敏速です。それに比べ我が祖国は、選択肢が大きいのにもかかわらず、対策は愚鈍で
画一的、全てが後手、後手です。政府の真剣度の違いが鮮明です。


# by newsaki | 2021-04-30 14:00 | 2021